【Tips】iPhone標準の写真アプリを使って、画像に図形や文字を追加しちゃおう!ブログで使う画像を簡単に作成できるよ!

ども、バンブーです。ブログを書いている人なら、そのブログに写真等の画像を貼り付けていることと思います。

ただ単に風景写真を載せるだけなら良いのですが、この「クロレポ」のように、商品を紹介したり、ガジェットの使い方を説明したりする場合、多くの人は撮影した写真やスクリーンショットに、文字を追加したり矢印を書いたり、丸や四角でハイライト表示したりしているかと思います。

そのような画像の加工/編集ですが、実はiPhoneに標準でついている「写真アプリ」を使えば、簡単に加工できてしまうんです。

ここでは例としてiPhoneのスクリーンショットを使って説明します。

まず、iPhoneのスクリーンショットを撮ります。

iPhoneで目的の画面を表示させた状態で「サイドボタン」と「音量を上げるボタン」を同時に押し、すぐに離します。

このスクリーンショットは、自動的に「写真アプリ」に保存されます。(フォルダに保存することも可能です。)

次にiPhoneの「写真アプリ」を開いて「ライブラリ」タブを選択します。すると、最も最新の写真に、先ほど撮ったスクリーンショットがあります。このスクリーンショットを選択します。

すると右上に「編集」と書かれたボタンがあるので選択します。

すると写真の編集モードになります。

この編集モードの右上に三点ボタン「…」がありますので、それを選択します。

するとオプション画面が表示され、その中に「マークアップ」と書かれた選択肢が表示されますので、それを選択します。

この「マークアップ」モードでフリーハンドで線を描いたり丸や四角、矢印といった事が可能になります。

画面下に複数のペンが表示されますので、好みのペンでフリーハンドで図を描く事ができます。

また、文字を入力したり、綺麗な四角や丸を描きたい場合は、画面右下の「+」ボタンを選択します。

すると「テキスト」「署名」「拡大鏡」それに「四角」「丸」「吹き出し」「矢印」が選択できるようになります。

これらを使って写真に色々な加工ができるようになります。

また、フリーハンドですが、フリーハンドで四角形を描くと、普通ならちょっと不格好な四角形になります。

ところが、フリーハンドで四角形を描き、最後のところで指を離さず長押し状態にすると、なんと綺麗な四角形に整形してくれるのです。

これは四角形だけではなく、丸や星マークといった図形も対応しています。

是非試してみてください。結構つかえる技です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥34,154 (2022/10/05 04:33:29時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました